自分のパソコンから発信したい >> DiCE
DiCEのインストール
WWW(Web)サーバを立てて、HPを公開したけど、友達にURLを教えたいけど、
IPアドレス(http://2xx.1xx.2xx.3x.)じゃカッコ良くない!
しかもグローバルIPアドレスだと、IPが変わる度にお知らせしないといけない!ほんと面倒ですね・・・・
現在、静的(固定)グローバルIPアドレスじゃない「ISP(インターネットサービスプロバイダー)」の場合、
接続するたびにIPアドレスが変わってしまうこともあり、グロバールIPアドレスでWWWサーバにアクセスするのは、
HPを公開するのに、良い環境とは言えません。
静的(固定)グローバルIPアドレスサービスを利用すれば、固定IPとなり、IPアドレスが変わることはありませんが、
通信費が高くなります。。。
そこで、動的(非固定)IPアドレスをドメイン名に変換してくれるサービスを利用すれば、
これらの問題を解消できます。
DNSとは?
TCP/IPネットワーク環境において、ホスト名から、対応するIPアドレスを取得できるようにする、
サービスを提供するシステム。

DNSサーバは、ホスト名とIPアドレスの対応関係を記述したデータベースを管理しており、
クライアントからの要求に応じて、ホスト名からそのIPアドレスを参照できるようにする。
これによりユーザーは、憶えにくく、分かりにくいIPアドレスではなく、
ホストの名前を指定してネットワークにアクセスできるようになる。

*普通HPを見るためにURL(文字列)を入力して、ブラウザーで表示させますが、
このURL(文字列)はDNS-serverがアドレスをwwwserver機のグローバルIPアドレスに変化して、
HPを閲覧出来るようにしたサービスがDNSです。
DDNSとは?
TCP/IPネットワーク環境において、ホスト名から、対応するIPアドレスを取得できるようにするサービスを
提供するシステム。

DNSデータベースを動的に更新し、他のDNSサーバに通知したり、変更カ所だけを転送する技術。
DHCPサーバと連携させることで、IPアドレスの割り当ててとともにホスト名も割り当てることができる。
なおダイナミックDNSはRFC2136で規定された「DNS Update」の一般的な呼称。

* 動的(非固定)グローバルIPアドレスをドメイン名に変換してくれるサービスです。
ドメイン名が固定されていれば、それを知らせる事で、グローバルIPアドレスが、いくら変化しても問題ありません。
ひつようなもの
▼DiCE for Windows Version 1.59
DL先 http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/
*Freeware VersionをDLして下さい。(Professional Versionはシェアウェアーです。)
フリーDynamicDNSサービスサイト一覧を ご確認下さい〜(サービス比較もあるので、大変参考になります。)
インストール
上記サイトから「dice1594.exe」をDLします(↓参照)。



DLした、「dice1594.exe」を起動します。



一時保存先指定、指定なければ「OK」選択。(セットアップウィザードが起動します。)





インストール開始画面、素直に「次へ」選択。



保存先指定画面、変更なければ、「次へ」を選択する。



セットアップ方法選択画面、「標準」で良いと思います、「次へ」選択。



プログラム情報、なにも考えずに、「次へ」



ここも素直に「次へ」で、インストールされます。



インストール終了の画面、スタートのプログラムに、ショートカットが作成されました。



完了画面、「終了」選択で、インストール完了です。
ページトップへ戻る
 HOME >> 自分のパソコンから発信したい >> DiCE